マンション査定ガイドTOP | 無料マンション査定の紹介 | マンション査定の基礎知識 | マンション査定Q&A | マンション売却 | リンク集 |

マンションの査定の主な基準項目

マンションの査定の基準となる項目はものすごくたくさんあります。

ネットで無料でできる簡易査定というものがいくつかありますが、実際にやってみると入力する項目の多さに面倒だなと思う方も多いと思います。

下記に主なものをあげておきますので、マンション査定の前に事前に確認しておきましょう。また間取りについては実際は占有面積(もしくは何畳)を記載する必要がありますのでチェックしておきましょう。

マンションの地理的環境についての査定項目

・交通の便
・周辺環境(用途地域・騒音など)
・生活の利便性(コンビニ・スーパーなどの日用品店があるかなど)
・景観

マンション自体についての査定項目

・築年数
・土地権利
・室内(間取り・保守状況)
・共有部分(エントランスなど共用設備・施設)
・階層
・バルコニー
・収納
・冷暖房などの対応具合や配線
・給湯設備
・向きと日当たり
・室外からの騒音や振動
・セキュリティー設備
・外壁

マンション管理についての査定項目

・マンションの管理状態
・管理組合
・管理員の勤務形態
・修繕積立金や管理費

その他のマンション査定項目

・駐車設備・駐輪設備
・分譲会社や建築会社の信頼性
・占用庭

※マンションがある程度古い物件であれば、過去に売買されている可能性もあります。その際は売買を取り扱った不動産会社に連絡すると間取りを確認する程度でおおよその概算を出してくれる場合もあります。

マンションなど不動産査定業者人気ランキングはこちらから!


▼同カテゴリー「 マンション査定の基礎知識 」の記事一覧
マンション査定の前に
相場価格を把握しよう
マンションの査定の主な基準項目
簡易マンション査定してみよう
マンション査定業者選びのポイント
 
マンション査定ガイドTOP | 無料マンション査定の紹介 | マンション査定の基礎知識 | マンション査定Q&A | マンション売却 | リンク集 |