マンション査定ガイドTOP | 無料マンション査定の紹介 | マンション査定の基礎知識 | マンション査定Q&A | マンション売却 | リンク集 |

マンションを売却しやすい時期

マンションを売却しやすい時期とはあるのでしょうか?

結果からいうとあります。

マンションに限らず不動産物件が売買されやすい(賃貸もされやすい)時期というのは2月〜3月です。売買に関しては、検討期間もあるので1月〜3月と考えてもいいと思います。

この時期は新築マンションの建築も活発になっており、新築マンションか中古マンションかで迷う人も多いため中古マンションに関しても需要が喚起されます。また転勤や引っ越しを控えているのもこの時期なので、そういった需要もあります。

特にマンションの販売に関しては、お正月休みを利用してマンションの見学・内覧会や内装の確認などを行う人も多いようです。不動産会社もお年玉イベントなど行い活気がでてきます。

売却しやすいということは希望価格で販売できる可能性も高いというメリットもあります。

この時期を過ぎてしまうと、次のポイントは5月のゴールデンウィークの連休になります。ただ1月〜3月に比べると需要は多くありません。それ以降はあまり変わらないと考えていいでしょう。

2月〜3月の時期にマンションを売却するのがベストと考えると、遅くても12月上旬までにはマンションの査定を済ませ仲介業者を決めておきたいところです。

マンションなど不動産査定業者人気ランキングはこちらから!


▼同カテゴリー「 マンション査定Q&A 」の記事一覧
マンション査定に差がある?
買取り保証制度とは?
マンションを売却しやすい時期
売却か?賃貸か?
マンション管理に注意
 
マンション査定ガイドTOP | 無料マンション査定の紹介 | マンション査定の基礎知識 | マンション査定Q&A | マンション売却 | リンク集 |