マンション査定ガイドTOP | 無料マンション査定の紹介 | マンション査定の基礎知識 | マンション査定Q&A | マンション売却 | リンク集 |

買取り保証制度とは?

「買取り保証制度」とは何でしょうか?

買取り保証制度とは、中古マンションなど不動産を買い替える時に、販売を仲介した不動産会社が売却できない際に買い取ることを保証する制度です。

マンション販売を委託する側にとっては、最終的に買取してもらえるという安心感があります。

マンションは高価なものですので、マンション査定をしてもらい、実際にマンション販売を開始したとしてもなかなか売れないのが実情です。マンション販売を仲介してもらう際には、仲介期間をあらかじめ設定することが多く、通常3ヶ月〜半年程度で仲介期間が終了します。

「買取り保証制度」を取り入れていれば、その期間にマンションが売却できなくても不動産会社に買い取りしてもらうことができます。販売期間を気にしない場合はいいのですが、引っ越しや買い替えなどで期限がある場合、買い取り保障制度があると便利です。

ただし、買い取り価格は最初の査定額を下回ることがほとんどです。確実に売却できるというメリットはありますが、希望する価格で買い取ってもらえない可能性があることを忘れてはいけません。

買い取りされた物件は、通常は不動産会社によってリフォームされ、再度販売されます。良心的な不動産会社であれば、再販によって生じた利益を還元してくれる場合もあります。

マンションなど不動産査定業者人気ランキングはこちらから!


▼同カテゴリー「 マンション査定Q&A 」の記事一覧
マンション査定に差がある?
買取り保証制度とは?
マンションを売却しやすい時期
売却か?賃貸か?
マンション管理に注意
 
マンション査定ガイドTOP | 無料マンション査定の紹介 | マンション査定の基礎知識 | マンション査定Q&A | マンション売却 | リンク集 |