マンション査定ガイドTOP | 無料マンション査定の紹介 | マンション査定の基礎知識 | マンション査定Q&A | マンション売却 | リンク集 |

マンション査定に差がある?

マンション査定は簡易マンション査定にしても、訪問査定にしても差が出てくるのはよくあることです。

マンション査定は基本的に(財)不動産流通近代センターの「中古マンションの値付け法(中古マンション値付けマニュアル)」によって作成されたポイント算出法を元に計算されます。

ただし、実際にはマンション査定の担当者やマンション物件に対する価値をどこにおくかによって査定額は変わってきます。また不動産会社が独自に持つ販売データなどを考慮して査定額を出す場合もありますので、そうなると不動産業者によって差が出てきます。

場合によっては3,000万円の差額が出るようなこともあるようです。それは極端な例だとしても数百万の差がでるのは珍しくありません。たとえ100万円の差としても、実生活から考えるととても大きな金額です。

でも査定額が大きいからといって安易に業者を選び、マンション売却を委託するのは注意が必要です。査定額が高いといっても、実際にその価格でマンションを売却できなければ意味がありません。

せっかく査定額が高かったのに、結局マンションが売れず販売価格をどんどん下げなければいけないこともあります。最終的に相場よりも数割低い価格で買い取りしてもらうことにもなりかねません。

そういった意味でも相場を把握し、マンション査定を複数依頼することはとても大切なことです。

マンションなど不動産査定業者人気ランキングはこちらから!


▼同カテゴリー「 マンション査定Q&A 」の記事一覧
マンション査定に差がある?
買取り保証制度とは?
マンションを売却しやすい時期
売却か?賃貸か?
マンション管理に注意
 
マンション査定ガイドTOP | 無料マンション査定の紹介 | マンション査定の基礎知識 | マンション査定Q&A | マンション売却 | リンク集 |