マンション査定ガイドTOP | 無料マンション査定の紹介 | マンション査定の基礎知識 | マンション査定Q&A | マンション売却 | リンク集 |

マンション査定業者選びのポイント

マンションを査定する際に選ぶ業者は大手の不動産会社とそれぞれの地域にある小さな不動産会社の大きくわけて2種類です。

大手の不動産会社であれば、データベースが豊富であったり、サポート体制やネットワークが充実していたりとよい点も多いのですが、必ずしも大手に頼めばよい結果が出るとは限りません。小さな不動産会社は地域に密着しているというメリットがあります。

結局のところ少なからず担当者によって左右されることが多いようです。

基本的に「マンション査定」に関しては、いろんな業者に問い合わせて査定額を出してもらうのがよいでしょう。そうすれば、おのずと自分のマンションの相場がわかってきます。

ただし、業者によってはマンションの査定額を高額に出してくる場合もあります。業者側からすれば、査定額を高額にして、マンション売却の権利を得たいのは否めません。

高額の査定額が出たからといって、マンション売却の仲介業者にすぐに選ぶというのは注意が必要です。そういう意味でも複数の業者に査定額を出してもらい、およその見当をつけておくのは大事です。

結局のところいくらよい査定額が出ても、その額で売却でなければ意味がありません。マンション売却を見据えて業者を選ぶ場合は、その不動産業者の販売実績もチェックしましょう。

またマンション査定の前に、「マンションの登記簿謄本」「マンション購入時のパフレット」「マンション管理規約」などを用意しておくと査定がスムーズに進みます。

マンションなど不動産査定業者人気ランキングはこちらから!


▼同カテゴリー「 マンション査定の基礎知識 」の記事一覧
マンション査定の前に
相場価格を把握しよう
マンションの査定の主な基準項目
簡易マンション査定してみよう
マンション査定業者選びのポイント
 
マンション査定ガイドTOP | 無料マンション査定の紹介 | マンション査定の基礎知識 | マンション査定Q&A | マンション売却 | リンク集 |